引越し業者によって、1社ではなく何社かを比較して決めることをおすすめします。

複数の引越し業者の料金、サービスなどを比較して、2〜3社に絞り込み、必ず自宅まで見積もりに来てもらうとが大切です。見積もりは運輸省の定めた標準引越運送約款で、無料と決められています。ですから、見積もりを複数の引越し会社に依頼し、安心できる引越し会社を選びましょう。

今ではインターネットで簡単に引越し会社のホームページへアクセスして、料金やサービスを比較したり、見積もり予約をすることも可能です。

引越し業者を手配する
最大15社の引越し料金を比較!
60社以上の引越し会社から厳選8社へ無料一括見積もり依頼

引越し業者によって違いますが、引越し時に必要な梱包資材を自分で用意することで引越し費用を安く出来ることがあります。引越し業者によっては、ダンボールが無料であったり、20個まで無料といったサービスがついていることもありますが、ダンボール箱が有料のプランや足りない分を自分で用意する場合は、できるだけ安く入手しましょう。

梱包資材の調達法と荷造りのコツ

引越しは荷物の量によって、引越し費用がアップします。ですから、引越し費用の見積もりの前に、不用品を処分したり、引越し先へ持っていかない荷物を決めておくことが大切。まだ、使えそうなものはリサイクルショップへ持っていったり、オークションへ出品すると良いでしょう。

不要品を一番高く売れるお店が見つかるのはココ!
ヤフーオークションへ出品する
あなたのクルマ、気軽に高く安心して売れます。

荷物の少ない単身者の引越し(近場への引越し)なら、レンタルカーを借りて、友人に手伝ってもらい、自分たちで引越しをしてしまうとかなり費用を抑えることができます。

レンタカーで引越しをする
梱包資材の調達法と荷造りのコツ
ニッポンレンタカー レンタカーの即時予約受付中!

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

賃貸マンション
引越しマニュアル