引越し方法によっては、梱包資材を自分で用意しなくてはいけません。引越し業者によっては、ダンボールが無料であったり、20個まで無料といったサービスがついていることもあります。しかし、自分で引越しをする場合や引越会社からのサービスでは足りない場合は、自分で用意する必要があります。

引越し会社や梱包資材屋で購入する

引越し会社では、引越し用のダンボールを売っています。一般的な価格は小さい箱で200〜400円、大きい箱なら300〜600円くらいです。梱包資材屋なら、引越し会社よりも安く買えることが多いです。

引越し会社から中古品をもらう

引越し会社によっては、中古のダンボール箱をタダで譲ってくれることもあります。中古でも、十分使えますから見積もりの段階で交渉してみるといいです。

スーパー、薬局などでもらう

スーパーでは、無料でもらえるところが多いです。薬局でもきれいな箱がたくさんありますので、お店の人に「引越しするので箱もらっていいですか?」と聞いてみてください。断られることはあまりないはずです。できるだけ、同じ型の箱を大、中、小の3サイズ集めることがポイントです。

ガムテープ

ダンボールを組み立てたり、ふたを閉じるのに必要です。

新聞紙

ワレモノを包んだり、丸めてクッションにしたり、引き出しにはさんで固定したりと何かと使えるのが新聞紙。最低1ヶ月分は用意しておくほうがいいです。

ひも

束ねたり、固定したり、必要に応じて用意してください。

ビニール袋

ゴミを入れたり、家具を分解したときのネジを入れたり、何かと使えます。

筆記用具

太めのマジックがあると便利です。ダンボールに荷物内容を書くと、後から困りません。

はさみ、カッター

ビニールひもを切ったり、ダンボールをあけるときに使います。

軍手

手のひらに滑り止めのゴムがついているものが良いです。荷物の搬出入に。

ボロ布、古い毛布など

家具にキズがつかないように、古い毛布などで包む。

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

賃貸マンション
引越しマニュアル