失敗しない荷造りのコツ(自分でする場合)

普段使わないものから詰めていく

本、雑誌、CD、シーズンオフの衣類、押入れのものなど、普段使わないもの、無くても生活に困らないものから順番にダンボール箱に詰めていきましょう。

重いものは小さい箱、軽いものは大きい箱

本や雑誌は、大きな箱にたくさん詰めるととっても重くなります。重いものはなるべく小さい箱に入れるようにしましょう。逆に衣類などの軽いものであれば大きい箱に詰めても大丈夫です。

取り出すときのことを考える

荷造りは箱に付けることだけでなく、出すことも考えておかなくてはいけません。たとえば、洋服ダンスの服を詰める時に、箱によって「タンスの○段目」というような分け方をしたり、ハンガーにかかっていたものは、ハンガーを付けたまま箱に詰めると、そのままかけられるので楽チンです。

「ワレモノ注意」を忘れずに!

食器などのワレモノは一つずつ新聞紙などで包むようにしてください。ダンボールのそこにも新聞紙を敷いたり、隙間に丸めた新聞紙を詰めたりして、引越し時に割れてしまわないように箱詰めしてください。そして、箱には「ワレモノ注意」と赤のマジックでしっかりと明記しておきましょう。

種類、場所などを考えて分別して箱詰めする

とにかく詰めてしまうような箱詰めでは、箱詰めは早く終わりますが、新居で何がどこにあるのかわからなくなります。物によって種類、場所、目的などを考えて、箱に分別して詰めて下さい。たとえばキッチン用品、文具、CDやDVD、書籍・・・と種類で分けたり、 寝室、子供部屋、キッチン、浴室・・・といった場所によって分別するなど、後から困らないように分別して箱詰めしましょう。

ダンボールには内容を記入する

箱詰めしたダンボール箱の上と横にマジックで、「リビング / 雑誌」というように、そのダンボールの運ぶ部屋と中身を書いておくと後で困りません。

新居ですぐに使うものを別の箱に詰める

洗面用品、良く使う食器やキッチン用品、洋服などは引越しぎた日や比較的早いうちに必要になりますから、箱を用意して、ほかの荷物とは別扱いにしましょう。

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

賃貸マンション
引越しマニュアル