賃貸契約時に必要な費用

家賃が6万円だから、6万円を払えば直ぐに入居できるわけではありません。契約時には敷金(保証金)、不動産業者への仲介手数料、火災保険料、鍵の交換費用、入居月の家賃1ヶ月分というように、まとまったお金が必要です。

敷金(保証金)

敷金とは、賃貸契約時に入居者から家主へ預けるお金であるため、退去時に返金されるお金ですが、入居者が家賃を滞納したときや未払い金、延滞損害金に充てられたり、借主の不注意による住宅の汚れや破損などの修繕費に充てられます。それらに充てられ、余った敷金に関しては退去時に返還されます。(敷金の償却、敷引き)そのため、全額返金されない可能性があることに注意してください。一般的には家賃の2ヶ月分ですが、敷金がないところもあれば、10ヶ月分というところもあり、一概には言えません。

仲介手数料

賃貸借契約時に賃貸住宅を仲介してくれた不動産会社に支払う手数料です。宅地建物取引業法によって「家賃の1ヶ月分以内」と決まっており、ほとんどの場合1ヶ月分です。

しかし仲介手数料を払わなくても良い場合があります。それは不動産会社が自社所有物件を賃貸に出している場合です。この場合だと、不動産会社自身が貸主であるため、入居者と貸主との直接契約することになります。そのため仲介手数料は不要です。このような不動産会社が借主かどうかを見分けるには、賃貸住宅の広告を見て下さい。「取引態様」の欄が「貸主」となっている物件は仲介手数料が不要ですよ。

前家賃

入居月の家賃です。月の途中から入居する場合は、日割り計算をして必要な日数分を払う必要があります。前家賃は最大で家賃1ヶ月分の金額ですが、契約が月末に近い場合、その月の日割り計算した家賃と翌月の家賃を一括して払うこともあり、このときは1ヶ月分を超えた家賃を払う必要があります。

火災保険

多くの賃貸物件では火災保険の加入が義務づけています。費用は2年契約で1〜2万円程度で、加入手続きは不動産会社がやってくれます。

カギの交換料

賃貸物件の場合、以前に誰かが入居していると以前の住人が合鍵を持っている場合があり、そのままのカギを使用することは安全上大きな問題があります。 鍵の交換費用は5000円〜1万円ほどです。

★あなたの新生活を応援します!

学生の1人暮らしは、やっぱりレオパレス21
学校名からオススメの賃貸物件を検索できます。
家具・家電付き、水・光熱費不要の入居プランで賢く新生活が始められます。
お部屋さがしのプロがアドバイス「賃貸ならハウスコム」
賃貸物件のお部屋探しは、全国117店舗の"ハウスコム"が総合的にサポートします。はじめてのお部屋探し。引越しの方はいろいろアドバイスをしてもらえるのでオススメですよ。
   
賃貸マンション
引越しマニュアル