引っ越ししてからも旧住所宛ての郵便物を、新住所へ届けてもらうには、最寄りの郵便局で「転居届」というハガキをもらってきて、転送開始の日時や住所などの必要事項を記入して署名押印のうえ投稿するだけでよいです。

転送されるのは1年間ですが、1年後にもう一度転居届を出せば、さらに1年間転送されます。

郵便局の転居届

▼届出先
旧住所地の所轄の郵便局
▼必要書類
印鑑
▼届出時期
引越しの1週間前まで

NHKと受信契約している人は、引越しの1週間前までにNHKへ移転の連絡をしてください。受信契約が継続されます。

NHKへの移転連絡

▼連絡先
NHKのフリーダイヤル(0120-151515)
▼連絡事項
現住所、契約者氏名、引越しの日時、引越し先の住所、お客様番号(領収証へ記載)
▼連絡時期
引越しの1週間前まで

新聞の定期購読をしている人は引越しの1週間前までに契約している販売店に移転の連絡をしてください。新聞の配達停止日を決め、清算に来てもらいます。なお、同じ新聞を継続したい場合は新聞の本社に連絡すると新住所地を管轄する新聞販売店を教えてくれます。

新聞販売店への移転連絡

▼連絡先
契約している新聞販売店
▼連絡事項
現住所、契約者氏名、引越しの日、新聞配達の停止日
▼連絡時期
引越しの1週間前まで

銀行、郵便局、生命保険会社、損害保険会社、クレジットカード会社、ローン会社、証券会社、JAF、自動車ディーラー、インターネットプロバイダー、スポーツクラブ、ファンクラブなど

賃貸マンション
引越しマニュアル