引越し会社に頼む場合も、友人に頼む場合も、引越しの手順を確認しましょう。特に新居が2DK以上(複数の部屋がある)の場合は家具の配置や荷物の場所を示した見取り図を渡しておきましょう。

引越し会社に頼んでいる場合

引越し会社にお願いしているときは、契約プランにもよりますが、基本的に搬出に立会い、作業員に指示をするだけでよいです。特に大きな家具を搬出するときに手伝うと逆に邪魔になることもありますので注意してください。

自分で引越しをする場合

・ 荷台の両側に大きな家具を積み、内側に小さな荷物を積みます。家具は毛布などで包み、傷がつかないようにしましょう。
・ 重い荷物を荷台の奥(運転手に近い方)に積む。
・ 重い荷物を下に、軽い荷物を上に積む。
・ 左右のバランスを揃え、重量が傾かないように注意する。
・ 荷物と荷物の間には、毛布などをつめて荷崩れを防ぐ。

引越しの1週間前までに引越しの連絡をしておけば、引越し当日に各料金の精算に係員の人が来てくれます。なお清算後に電気や水道を使うことがありますが、掃除などに使う程度なら、通常、料金は発生しません。

荷物の搬出がすんだら、掃除をします。なるべくきれいにすることが、借主負担の修繕費を減らす秘訣ですから、ここは手を抜かないようにしてください。掃除が終わったら、最後に忘れ物がないかチェックをしましょう。ベランダ、流しの下、自転車置き場など忘れ物が多いですから、注意してください。

カギの返却に関しては「解約予告」「引越しの挨拶」の段階で大家(不動産会社)と打ち合わせをしておいてください。一般的に引越しの日に大家の立会いのもと、部屋の明け渡しとカギの返却をします。

このときに、借主負担の修繕箇所を双方で確認のうえ、大まかな修繕費の提示を受けて起きましょう。借主が負担しなければいけないのは借主の不注意、故意によるキズや汚れで、畳の日焼けなどの「自然損耗」は負担の義務はありません。

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

賃貸マンション
引越しマニュアル