旧居の大家に解約予告をする

引越しが決まったら、現在、住んでいる部屋の解約の告知期間をチェックしよう。「告知期間」とは、現在の部屋から引っ越す場合に、引っ越しする旨を大家に告げる期間です。

親元から出て一人暮らしをする場合や、家族と離れて単身赴任などの場合は、特に気にする必要はありません。

告知期間の確認

告知期間は一般的に部屋を明け渡す「1ヶ月前まで」というケースが多いですが、「2ヶ月前」「3ヶ月前」という場合もあります。期間だけでなく、口頭なのか書面なのかも事前に確認をしてください。

明け渡し

解約予告の際には物件の明け渡しとカギの返却についても確認しておきましょう。一般的には、部屋から荷物がすべてなくなっている状態で、大家に部屋を見てもらい、修繕箇所についての確認し、そのときにカギを返却します。

明け渡しの立会人は、不動産会社である場合もありますが、敷金の返還についての確認が取れないので、なるべく大家に立ち会ってもらったほうが良いです。

引越し日が決まったら、新居の大家に連絡する

引越し日が決まったら、必ず引越し先の大家(または不動産会社)へ連絡をしておきましょう。「○月×日に引越しします」とだけ伝えておけば、印象も良いですし、当日のトラックのおき場所を確保してくれたり、オートロックを開放してくれたり、便宜をはかってくれるものです。

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

賃貸マンション
引越しマニュアル