見積もりを複数の会社に依頼する

引越し会社に頼む場合は、1社ではなく何社かを比較して決めることをおすすめします。今ではインターネットで簡単に引越し会社のホームページへアクセスして、料金やサービスを比較したり、見積もり予約をすることも可能です。

料金、サービスなどを比較して、2〜3社に絞り込み、必ず自宅まで見積もりに来てもらうとが大切です。実際に部屋を見ずに、電話で見積もりを済ませる業者もありますが、電話での見積もりはトラブルにつながりやすいので止めておいたほうがいいでしょう。「電話で聞いていたよりも荷物が多い」「トラックが家の前で止めれない」などの理由をつけて、追加料金を取られることがあります。

ちなみに、見積もりは運輸省の定めた標準引越運送約款で、無料と決められています。ですから、見積もりを複数の引越し会社に依頼し、安心できる引越し会社を選びましょう。

標準引越運送約款 【ひょうじゅんひっこしうんそうやっかん】
引っ越しのトラブルを防ぐための基本ルールとして、旧運輸省が1990年11月に告示したもの。2001年4月に大幅改正。内容は、見積もりは原則無料で、2日前までに依頼内容を確認すること、手付金や内金は請求しないなどと定めている。キャンセル料は前日に解約した場合は料金の10%、当日は20%。2日以上前ならキャンセル料は不要。業者がこの約款を使う場合は、見積もりの際に提示することになっているので確認しよう。

今すぐ!一番安い引越し会社を調べよう
   ↓   ↓
最大15社の引越し料金を比較!
60社以上の引越し会社から厳選8社へ無料一括見積もり依頼
引越し一括見積もりで最大50%安くなる!

引越し料金を比較してみる!

-   郵便番号を調べる

↓

■1:料金を比較して、賢く選ぶ

■2:細やかなサービスを受ける

賃貸マンション
引越しマニュアル